iPhone専用フィルムを使いやすくする機能

iPhone専用シートは、利用者の眼をブルーライトから保護したり、どの方向からのぞき見をされても画面が見えないようにしてくれたり、画面を傷ついたり、汚れで見えにくくなったりしないように守ってくれたりと非常に役立つグッズです。

様々な役割があり、それぞれが見逃せない点ですが、専用シートをiPhoneに装着する時にちょっとした困りごとがあります。

専用シートにまつわる困りごとに多いのが、うまく装着できないという点です。

シール形式なので単純で簡単に思えますが気泡を出さずに画面のラインに合わせて正確にピッタリと貼りつけるのは意外と難易度が高いのです。
さらに装着した後も、着けていない状態よりもタッチしにくくなった、反応しにくくなった感じる人もいます。



通常の使用ならあまり不便に感じることはありませんが、操作性や素早い反応が求められるゲームでは大きな差が出てしまうことがあるかもしれません。

iPhone専用シートでは、シートを使うことでそのようなことが起こらないように各種の処理がされています。


気泡が出にくくするための加工処理としては、自然吸着加工というものがありますし、指紋のあとが画面について見づらくなることを避けるためのものはマットコート加工といいます。



画面をタッチする時の感度をシートを着ける前と同様に維持できるようにするにはスムースシート加工という技術があります。



さらに、画面の隅から欠けるのを防ぐためにシートの角を丸くしておくラウンドエッジ加工も人気です。