iPhoneでキーボードを使う

iPhoneには、高性能な機能が満載であり、ユーザーは、電話やメールを利用するだけでなく、様々な使い方が出来るようになっています。


高性能なiPhoneですが、操作は基本的にタッチパネルで行い、文字入力などはタッチパネルに表示されるソフトウェアキーボードを使うのが一般的です。

iPhoneに搭載されているソフトウェアキーボードは、使い勝手が良いように設計されています。

しかし、長時間文字入力をする場合には、ハードウェアキーボードを使った方が効率良く文章を書く事が出来ます。

iPhone対応のハードウェアキーボードが発売されていますので、大手家電量販店などで購入すれば使えます。



多くの製品で、Bluetooth対応の物が多く、ペアリングを行なう事でキーボードを使えるようになります。

キーボードに使われている機構は、製品毎に異なっていますので、必要に応じて使っていく事が有効です。



人によってキータッチが異なってきますので、キータッチの好みに合った物を選択するには、実際に店舗で確認するのが良いです。

高価な物ほど、疲れにくい設計になっており、使いやすくなっていますので、予算があるのであれば、高めの製品を買っても構いません。


また、持ち運びをする際には、重量やキータッチなどを総合的に考えて製品を選択すれば良いでしょう。

使いやすい製品を選択すれば、長く使っていく事が可能になりますので経済的です。

キーピッチの幅などが製品毎に違いますので、押しやすい物を選択すると良いです。